光の速さの測定が成功して340周年

LINEで送る
Pocket

光の速さの測定が成功して340周年
今日は光の速さの測定が成功して340周年ということで、Googleのロゴが変わっています。

てっきり偉人の誕生日だと思ったけど、違ったのね。
Wikipediaによると、

1676年にデンマークの数学者オーレ・レーマーは木星の衛星イオが木星に隠れる周期の変化と木星までの距離から光速を計算した。当時既に地球と木星およびイオの位置関係は正確にわかっていた。レーマーは、地球が木星から遠い位置にある際に、イオが隠れる時刻を調べ、光の速度が無限大ならば周期に応じた42.5時間置きに観測されるはずという「観測予定時刻」を計算した。そして地球が公転軌道上で木星に近づいた位置に移動した5ヵ月後に再度イオが隠れる時刻を調べると、「観測予定時刻」よりも早くなっている事を確認した。この結果からレーマーは、光は地球軌道の直径を横切るのに22分かかると結論した。ジョヴァンニ・カッシーニの観測より得られた地球-太陽間距離を用いると、レーマーの得た光速は約21.3万 km/s となる。これは実際の光速より3割ほど遅い数字だったが、光の速さが有限であることを証明し、その具体的な速さを初めて与えた。レーマーの友人アイザック・ニュートンもこれを認め、この光速の値を著書に記した。
1729年にジェームズ・ブラッドリーは季節による星の光行差から光速を求めた。

ログをクリックすると、オーレ・レーマーが動き出すgif画像になっています。
光の速さの測定が成功して340周年

スマートフォンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示され、
光の速さの測定が成功して340周年
光の速さの測定が成功して340周年
パソコンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示される。
光の速さの測定が成功して340周年

スマートフォン版はロゴをタップすると、gif画像とpng画像に交互に切り替わります。
パソコン版はオーレ・レーマーがいないですね。
©2016 Google

LINEで送る
Pocket

光の速さの測定が成功して340周年”に関する1件のコメント

  1. ピングバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL