スブラマニアン・チャンドラセカール 生誕107周年

LINEで送る
Pocket

スブラマニアン・チャンドラセカール 生誕107周年
今日はスブラマニアン・チャンドラセカールの生誕107周年ということで、Googleのロゴが変わっています。

例の如く、全く知らないので、Wikipediaによると、

スブラマニアン・チャンドラセカールは、インド生まれのアメリカの天体物理学者。シカゴ大学教授。王立協会フェロー。
1932年、白色矮星の質量に上限(チャンドラセカール質量)があることを理論的計算によって示し、恒星の終焉に関する「チャンドラセカール限界」を提唱したことで知られる。

天体物理学者なのですね。彼が提唱した「チャンドラセカール限界」をWikipediaで読んだところ、全く分かりませんw
ロゴをクリックすると、gif画像が再生されます。
左が太陽で、右が白色矮星を表していて、最後は自らの重力で押しつぶされ、無限に収縮されて爆発。そして、ブラックホールが出来るgif画像。
スブラマニアン・チャンドラセカール 生誕107周年

スマートフォンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示され、
スブラマニアン・チャンドラセカール 生誕107周年
スブラマニアン・チャンドラセカール 生誕107周年
パソコンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示される。
スブラマニアン・チャンドラセカール 生誕107周年

スマートフォン版はロゴをタップすると、gif画像とpng画像が交互に切り替わります。
パソコン版は二つ目の「o」がスブラマニアン・チャンドラセカールと太陽になっています。
©2017 Google

LINEで送る
Pocket

スブラマニアン・チャンドラセカール 生誕107周年”に関する1件のコメント

  1. ピングバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL