マックス・ボルン 生誕135周年

LINEで送る
Pocket

マックス・ボルン 生誕135周年
今日はマックス・ボルンの生誕135周年ということで、Googleのロゴが変わっています。

例の如く、全くご存じないのですが、Wikipediaによると

マックス・ボルン(Max Born、1882年12月11日 - 1970年1月5日)は、ドイツの理論物理学者。量子力学の初期における立役者の一人である。1954年ノーベル物理学賞を受賞。
ドイツ東部シュレージエン地方のブレスラウ(現・ポーランド領ヴロツワフ)にユダヤ系の家庭に生まれる。チューリヒ大学、ゲッティンゲン大学などで学んだ。1919年からベルリン大学助教授となり、フランクフルト大学を経て、1921年ゲッティンゲン大学の教授となる。1926年量子力学の確率解釈(統計的解釈)を発表。同胞のロバート・オッペンハイマーと共に、「ボルン-オッペンハイマー近似」(ボルン近似とも)と呼ばれる近似法を編み出す。
1933年にはドイツでナチス・ドイツが興隆し、ユダヤ人排斥運動によりボルンは教授職を解雇され、同年5月にドイツを離れた。その後、家族を連れて渡英しケンブリッジ大学講師・エディンバラ大学教授に就任する。第二次世界大戦後の1953年にドイツへ帰国。1954年、量子力学、特に波動関数の確率解釈の提唱によりノーベル物理学賞を受賞した。

ロゴには数式やグラフが描かれていますが、さっぱり分かりませんねw

スマートフォンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示され、
マックス・ボルン 生誕135周年
マックス・ボルン 生誕135周年
パソコンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示される。
マックス・ボルン 生誕135周年
©2017 Google

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL