ジョルジュ・メリエスを称えて

LINEで送る
Pocket

ジョルジュ・メリエスを称えて
Doodle初の仮想現実(VR)360°動画で、時代に先駆けた奇術師であり映画監督でもあったジョルジュ・メリエスの人生と芸術的才能を称えましょう。

例の如く、全く知らないので、Wikipediaによると、

ジョルジュ・メリエス (Georges Méliès)、出生名マリー・ジョルジュ・ジャン・メリエス(Marie Georges Jean Méliès, 1861年12月8日 - 1938年1月21日)は、フランスの映画製作者で、映画の創成期において様々な技術を開発した人物である。パリ出身。“世界初の職業映画監督”と言われている。SFXの創始者で、多重露光や低速度撮影、ディゾルブ、ストップモーションの原始的なものも開発した。また手で色づけしたカラー映画も作っている。撮影を通して現実を操作し変換する能力から、最初の "Cinemagician" とも称される。

彼の最も有名な作品は1902年の映画『月世界旅行』と1904年の映画『不可能を通る旅(英語版)』である。どちらも不思議な宇宙旅行を描いた作品で、ジュール・ヴェルヌのようなスタイルであり、初期の重要なSF映画とみなされているが、描き方はファンタジーに近い。また、最初期のホラー映画の製作でも知られており、1896年の『悪魔の館(英語版)』にまで遡る。小説『ヒューゴの不思議な発明』にも登場している。

ロゴをクリックすると、YouTubeの動画が再生されます。360° 動画なので、PCはマウスでぐりぐりと、スマホではアプリで自分を中心にスマホを動かしたり、VRカメラでVR体験が出来ます。
ジョルジュ・メリエスを称えて

ジョルジュ・メリエスを称えて
ジョルジュ・メリエスを称えて
ジョルジュ・メリエスを称えて

スマートフォンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示され、
ジョルジュ・メリエスを称えて
パソコンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示される。
ジョルジュ・メリエスを称えて
©2018 Google
© 2018 YouTube, LLC

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL