ソレン・ソーレンセンを称えて

LINEで送る
Pocket

ソレン・ソーレンセンを称えて
「○○を称えて」シリーズ第2弾ですかね。

例の如く、全く知らないので、Wikipediaによると、

セレン・セーレンセン(Søren Peder Lauritz Sørensen、1868年1月9日-1939年2月12日)はHavrebjerg生まれのデンマークの化学者で、酸性度の指標として水素イオン指数(pH)の概念を導入したことで知られる。コペンハーゲン大学で学位取得。1901年から1938年まで、ヨハン・ケルダール(英語版)の後任としてコペンハーゲンのカールスバーグ研究所(英語版)の化学部門の部門長を務めた。カールスバーグ研究所では、タンパク質のイオン密度の効果について研究し、水素イオンの濃度が特に重要であることを突き止め、1909年にpHの概念を考案した。pHの概念について初めて記した論文(記号にはpHを用いた)では、酸性度を測定する2つの新しい方法についても記述している。1つ目の方法は電極を用いるもので、2つ目は指示薬の色によるものである。前者の方法で、1937年に世界で最初のpHメーターが製造された。

ロゴをクリックすると、トマト・卵・レモン・ブロッコリー・シャンプー・バッテリーのpHはいくつなのか、マウスで左右の矢印をクリックします。失敗しても大丈夫です。
ソレン・ソーレンセンを称えて
ソレン・ソーレンセンを称えて
ソレン・ソーレンセンを称えて
ソレン・ソーレンセンを称えて

スマートフォンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示され、
ソレン・ソーレンセンを称えて
パソコンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示される。
ソレン・ソーレンセンを称えて
©2018 Google

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL