植田真梨恵 たったひとりのワンマンライブ vol.3 “good-bye stereotype”に行ってみた in 東京

LINEで送る
Pocket

good-bye stereotype
11/4(日)に行ってきました。

たったひとりのワンマンライブの最終日。

ライブチケット
おたのしみ缶バッジを買ったけど被ってしまったなあw
"gbst" おたのしみ缶バッジ
"gbst" おたのしみ缶バッジ

"gbst" おたのしみ缶バッジ
"gbst" おたのしみ缶バッジ

"gbst" キャンバス地ショルダーバッグ キナリ
"gbst" キャンバス地ショルダーバッグ キナリ

"gbst" ピックブレス[東京]
"gbst" ピックブレス[東京]

中に入ると「loadSTAR」LIVE PHOTOパネル展!があり、FCの更新を忘れずにやりました。
会場のステージが円形で、その周りを囲うように椅子が並べられている。

セットリスト

  1. アリス
  2. 夢のパレード
  3. a girl
  4. 砂漠の果てに咲く花
  5. kitsch
  6. ザクロの実
  7. よるのさんぽ
  8. 支配者
  9. 雨にうたえば
  10. 勿忘(わすれな)にくちづけ
  11. 花鬘(はなかずら)
  12. エニウェアエニタイム
  13. BABY BABY BABY
  14. おおかみ少年
  15. ペースト
  16. RRRRR
  17. WHO R U ?
  18. センチメンタリズム
  19. さよならのかわりに記憶を消した
  20. I was Dreamin’ C U Darlin’
  21. サイハロー

円形ステージがゆっくりと回り出し、360度の真梨恵ちゃんを見れるだけではなく、途中ステージが止まって、前から横から後ろからギターを弾き語る真梨恵ちゃんを観れるのです。いやあこんなライブは初めての体験ですなあstar
ステージの中央にはMartinとGibsonの2本のアコースティックギター、マイクスタンド、椅子がゆっくりと旋回している。よく見るとツアーロゴのパネルがありますね。 ステージの照明が落ちると、軽いステップを踏みながら花道を進む真梨恵ちゃんが登場し、衣装は赤のロングワンピースに白いスニーカー、ミディアムヘアが前より少し伸びたね。
椅子に腰掛けると、息を吸い込んで「アリス」から披露していく。「夢のパレード」、「a girl」で会場のテンションが高まって行くと、ステージが止まりMCが始まった。丁寧なMCはもちろんのこと、椅子に座ったまま仰け反ったりして、お茶目なところを覗かせる真梨恵ちゃん。会場に笑いが起きるw

「砂漠の果てに咲く花」を披露していき、次の「kitsch」はインディーズ時代の曲なので、最初の方はあんまりピンと来なくて、、
メジャー曲の「ザクロの実」でもぐりな自分のテンションが上がって行くのを確認すると、ライブ鉄板曲である「よるのさんぽ」を披露した後、再びステージが旋回し、観客の手拍子と共に最後のサビでアドリブを交えながら、ファンを楽しませる真梨恵ちゃんheartbeat
フレンドリーなトークを弾ませ、念入りなチューニングをした後に「支配者」、「雨にうたえば」をアンニュイな感じで歌い上げる。
和のテイストである「勿忘にくちづけ」から新曲「花鬘(はなかずら)」を披露しました。その後に「エニウェアエニタイム」、「BABY BABY BABY」を披露し、この前行った名古屋公演でも披露し、自分の中でも人気の高い曲になりそうで、これは早く音源化して欲しいところだ。
MCのトークで「成長せねば」ということで作った「おおかみ少年」。ライブが後半戦にさしかかり、激しいストロークと共に「ペースト」、「RRRRR」を疾走するような感じなライブパフォーマンスだ。「WHO R U ?」で再びアドリブを交え、コミカルに盛り上げる。「センチメンタリズム」で照明が点滅し、目が眩しい。というより真梨恵ちゃんが眩しいのかwバラード曲「さよならのかわりに記憶を消した」で会場を落ち着かせて終了した。

アンコールで再び登場した真梨恵ちゃんだが、手に何かをもっいる。それは一枚の紙で、それを読み上げる。
来年にLazward Piano Tourが開催決定のニュース2018年初めに開催した「Live of Lazward Piano“bilberry tour”」ツアーファイナルの東京グローブ座公演が初めてのBlu-rayとしてリリースされるというニュースだった。
このニュースには驚いて、歓声が上がりましたclap
「I was Dreamin’ C U Darlin’ 」と「サイハロー」で締めくくったのだが、MCで佐藤さん(マネージャー)からアコギの弾き語りをやりませんかということで、弾けないのは悔しいので、弾き語りを練習した真梨恵ちゃん。今の真梨恵ちゃんを形作り、こうして弾き語りワンマンを観れるなんて、佐藤さん敏腕以上のマネージャーですわguitar

ライブ終了後に貰った物(真梨恵ちゃんとGIZAに関係するものだけ)arrow_down
真梨恵ちゃん直筆のお便り
「Live of Lazward Piano -凍てついた星座-」のフライヤー
ライブ会場にてCD、DVD及びテイクアウトライブカードを購入するとサイン入り”good-bye stereotype”色紙が貰えました。
サイン入り”good-bye stereotype”色紙[東京]

関連記事

公式サイト

Copyright©GIZA.Inc.All Right Reserved.
© 2018 Twitter, Inc.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL