倉沢よしえ 東京初完全弾き語りワンマンライブ「よしえイズム vol.5」に行ってみた

LINEで送る
Pocket

倉沢よしえ
9/16(月)に行ってきました。

よっぴーのワンマンライブは初めてです。

セットリスト

椅子の上にフライヤーが置いてありました。
フライヤー
フライヤー
二つのアコギを持ち替えながらライブパフォーマンスをするよっぴーguitar
最後に歌うことが多かった「ラストドラマ」を最初に持って来るなんて不意を突かれた感じだ。
よっぴーのキーの高い歌声とビブラートにclap
「光」を歌った後に最初のMCトークに入る。東京初のワンマンライブということで、上京してライブで曲を選んでセトリを組めることがハイライト。
今では完売になっている『クジラ』に収録されている「サラリーウーマン」をようやく聴けましたね。自分の中では幻になっているのですけど、よっぴーが社会人の頃を歌にしたのかな。私は社会人なので共感するところがありました。
またMCトークに入り、いろんな音楽が好きで、好きな人がいて、その人をモデルに書いた「あの人はロックスター」をぶちかます。この時はみんなで最初から手拍子をしていましたなあ。
アルバムとシングルに収録されている曲を余すことなく披露していくよっぴー。
テンションを上げてカズーを吹いて「歌Oh!」を歌う。この歌はいつも元気をくれるので、思いっきりコール&レスポンスをしましたわ。ここでシークレットスペシャルダンサーとしてゆめたんが登場wゆめなダンス最高やわsmile
オーディションでゆめたんと出会った話をするよっぴー。媚を売るゆめたんw若干disりつつも段々仲良くなって、お手伝いもしてくれるなんてね。音楽を始めた頃やスランプに陥った話をしてくれました。
ここからしっとり系の歌が続く。「公園」と「コンビニ」はいつ聴いてもほんわかするなあ。
先ほどのMCトークの続きになり、ライブでもスランプに陥り、矢印がお客さんでもなく、自分でもなく、ミュージシャンに向いていたと。
Cメロから落ちサビのところでアカペラで歌うよっぴーが一番かっこよく見えた「私と唄」。さらに感情が高ぶったよっぴーの「一歩ずつ」が私の体に響いたなあ♪
よっぴーの地元である日向のことを書いた曲である「日向灘物語」と「日向のひかり」。よっぴーの煽られて手拍子を沢山しましたねえ。よっぴーの地元話は面白かったなあw
ゴミ捨て場から廃材を持って来て廃墟みたいなライブハウスにした方の話をして、それを歌にした「マスター」を披露する。

何とよっぴーがピアノを弾くのかいmusical_keyboard
よっぴーのピアノの弾き語りは初めて観ますね。
ハーモニカを吹きながらピアノを弾く器用なよっぴーを観ながら「酔夏男の唄」を目を瞑りながら聴く。
ここでカバー曲であるキタムラリョウさんの「あめ玉」を披露する。次の「ロマン」もカバー曲だ。よっぴーがカバー曲を歌うなんてね。ちょっとびっくりしちゃった。
披露した三曲は初めて聴く曲でした。
ピアノから再びアコギに戻り、「7列目C」を披露する。これも初めて聴く曲ですね。夜行バスで大阪に歌いに行っていて、乗っている最中に書いた曲。私も夜行バスは数回ですが乗ったことがあるので、少しだけ気持ちが共感出来た。
「おねえちゃんの唄」は何度聴いてもほろりとしちゃうなあ。
しょうもないツイートをした話をして、次の一歩に繋げたいという気持ちで「東京」で本編が終了した。
アンコール前に今までの音楽活動がスクリーンに映し出され、ふざけたサングラスとライブTで登場bangbang
来年の1/12にバースデーワンマンライブである「よしえイズム vol.6」が決定bangbang バンド形態で新作のリリースを予定しているという。恵比寿天窓switchかあ。
「新曲」と「若い青のまま」は初めて聴きました。サビの部分でピッチが少し早くなったりしてたけど、割と聴きやすくてノリやすい曲だったなあguitar 最後は一本締めでみたいに終わりましたclap
最後はみんなで記念撮影camera

物販にゆめたんがいて驚いたんだけどwライブ中にも出てたねw
サインをしてもらいました。

ブロマイド
ブロマイド

ポストカードセット(表)
ポストカードセット(裏)
ポストカードセット

快く撮影に応じてくれるよっぴーguitar
倉沢よしえ

公式サイト

Copyright (c) 2017 Yoshie Kurasawa All Rights Reserved.
© 2019 Twitter, Inc.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL