倉沢よしえ 3rd Single『東京』を買ってみた

LINEで送る
Pocket

倉沢よしえ
よっぴーの3rd Singleを買ってみました。

ジャケットは4種類あり、裏を見ると歌詞が印刷されている。
CDケースにはよっぴーのシールが貼られており、ジャケットを差し替えると4種類のよっぴーが楽しめる。

「東京」は生バンド音源ということで、サビ前のじゃんじゃか鳴るギタープレイや落ちサビのよっぴーのキーの高い歌声が胸に突き刺さります。歌詞はシンプルで東京って確かに冷たいところがあるよねと再確認した。
よっぴーが上京してきた想いを曲にしたのかな。ライブの最後によく歌われます。
「マスター」に出て来るマスターは実在している人で、ライブのMCトークでその背景を聞いたことがあります。
物を大切にする人は人のことも大切にする人っていうフレーズは自分の人生を思い返してみると本当にそうだなと思いました。
一番最後で「マスター」を絶叫するよっぴーですが、本当にその「マスター」が好きなんだなと。
「コンビニ」はライブハウス限定CDにも収録されていたのですが、こちらはアコギ一本の弾き語り。打ち込みでストリングが流れる。この歌がラブソングだと知って驚きました。曲の長さが2:25と短いのでそこまでの情景は汲み取れませんでしたw
「一歩ずつ」もアコギ一本の弾き語り。ポジティブシンキングな歌詞ですが、そう思えばストレスは半減する応援ソングかな。
Cメロからの落ちサビでのよっぴーのハイテンションぶりがさらに元気をくれるような気がいました。
最後のアコギのカッティングが素晴らしいguitar
東京

商品情報

発売日: 2019/03/16
価格: ¥1,000
型番: ----
レーベル: Yoshie Records

収録曲

  1. 東京
  2. マスター
  3. コンビニ
  4. 一歩ずつ

公式サイト

Copyright (c) 2017 Yoshie Kurasawa All Rights Reserved.
© 2019 YouTube, LLC

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL