ミヤ 弾き語りワンマンライブ & トーク『くだらない毎日に音楽を、』に行ってみた

LINEで送る
Pocket

ミヤ
11/13(水)に行ってきました。

9月に行けなかったリベンジでもあります。

会場の中に入ると、小さいステージがあって混乱したんだけど、従来のステージ上には電飾、写真、歌詞のフレーズが貼り付けられていて、エモいsparkles
ライブチケット
歌詞カード
スタンドフラワー
来場特典は小さい缶バッジでした。
来場特典の缶バッジ
ミヤのフライヤー。
ミヤのフライヤー
ミヤのフライヤー

セットリスト

セットリスト
弧を描くように椅子が並べられ、電飾でパーティション分けされているミニミニステージ。
第一部はその中でギターを弾きながら歌うミヤguitar
私の好きな「空っぽ」から始まって、アコギを一心不乱に弾くミヤは「低愛」、「ラグ」を一挙に披露していくguitar
MCトークで「いろんな空間を楽しめるように有言実行してきました」。ほんとそれなheavy_exclamation_mark (語彙力)
しっとりとした曲で「code」で気分を落ち着かせ、久しぶりに披露する「チェーンスモーク」。
アップテンポな曲は無いので、うぇーーーーーーーいとはならなかったのですが、ミヤのライブパフォーマンスをじっくりとこんな近距離で楽しめるなんて至福の時でしたclap

第二部は元スタフさんであるゆいさんとのトーク。
Twitter上で質問を募集し、それを元にトークを展開していくわけですが、
ミヤとゆいさんのトークは出会った頃の話や制作の裏話など充実の内容で、ミヤについての世界観をより深く知れたなあ。

第三部はデカい白い布に写真、映像を映し出す、曲に合わせた照明演出がもの凄くエモいstar
「君と雨」は初めて聴きましたけど、どこからか雨音がするumbrella
機械トラブルがありましたが、「くだらない世界」の時に背景に歌詞が投影されてたり、影とかエモくてたまらんよsmile
シングル曲である「消息」、「光のように」を披露していくミヤは何か神々しく見えたねdizzy
本編の最後は「夜」でしたけど、ミヤとお客さんたちといるこの空間が終わってしまうのはもったいなく感じてしまいました。
アンコールは「dreamy night」で締めくくられましたguitar clap

グッズを買ったのはこちらarrow_down

ロゴ缶バッジセット
ロゴ缶バッジセット

花缶バッチ
花缶バッチ

クリアファイル
クリアファイル

38ロングTシャツ
38ロングTシャツ



公式サイト

© 2023 EK
© 2020 Twitter, Inc.
© 2020 INSTAGRAM
© 2020 YouTube, LLC

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL